CGS Hさん60歳代 インパクトレッスン修正前と修正後

こんにちはプロの南本です。皆様スイングの感触はいかがですか?インパクトはスイングの結果ですがどのようにボールにあてるか?意識することはとても重要です。インパクトが悪くなってしまうと練習場ではあたるけどコースの芝生の上ではあたらなくなってしまう、何でだろー?と悩む方が多いかと思われます。

今回は先週レッスンを行ったHさん60歳代男性ゴルフ歴一年

修正前のインパクト前とインパクトとインパクト後の映像

インパクト前はコックが早くほどけてしまいのでクラブヘッドがボール右側に最下点がきてしまうのでインパクトではすくい打ちのハンドレートになってしまい体重もあまり左足に乗っていませんでした。結果フォローでは左ひじが曲がり左手首の甲側が曲がりこの方の場合ゴルフ場でとても苦労されていました。

この様なインパクトの方の場合、インパクトは体の正面であてたい!やフォローでは目標方向に振っていきたいと!と思っている方が多い気がしています。

修正後は

修正中の画像ですが治すインパクトイメージはこんなにおおげさ!?で

実際は

ほとんど綺麗にダウンスイングされインパクトも先ほどよりかなり良くなったので素晴らしい弾道のボールを打たれ、ご本人も嬉しそうな笑顔で今までと全く逆の動きに驚かれていました。

プロの映像では

インパクトが確実にハンドファーストになるのがお分かりいただけるかと思います。

またフォローではプロの場合

左腕とクラブがほぼ一直線になりフェースが綺麗にスクエアーです。

Hさんの場合まだフォローで

少しヘッドが先行するのでこれからはこの辺を重点的に改善していけば必ず良いゴルフが出来てくると思います。楽しみながら頑張りましょう。!